お知らせ・活動状況

春の交通安全県民運動

運動期間:令和2年4月6日(月)~4月15日(水)

交通事故死ゼロを目指す日:令和2年4月10日(金)

運動の重点
子供をはじめとする歩行者の安全の確保
・交通事故を誘発する「歩きスマホ」はやめましょう。
・夕暮れ時・夜間に外出するときは、反射材用品や明るい服装を着用しましょう。
・他者に対する思いやりのある運転に努めましょう。

高齢運転者等の安全運転の励行
・高齢運転者は、身体機能の変化に応じて、体調や天候、道路状況等を考えた安全運転に努めましょう。
・運転中に携帯電話を使用する等の「ながら運転」はやめましょう。
・自家用車から公共交通機関等への移動手段の変更等について話し合いましょう。

自転車の安全利用の推進
・「自転車安全利用五則」を守りましょう。①自転車は車道が原則、歩道は例外 ②車道は左側を通行 ③歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行 ④安全ルールを守る ⑤子どもはヘルメットを着用
・歩道を通行する際は、歩行者優先です。安全な運転に努めましょう。
・自転車を運転中に携帯電話を使用する等の「ながら運転」はやめましょう。

飲酒運転の撲滅
・飲酒運転は犯罪です。飲酒運転は「絶対しない、させない、許さない。そして、見逃さない。」ことを徹底しましょう。
・車を運転するときは、アルコールが残ってないか確認しましょう。
・飲酒運転を見かけたら、迷わず110番通報しましょう。

令和2年 新年賀詞交歓会 開催

去る1月9日(木)午後6時より、ホテル日航福岡にて令和2年新年賀詞交歓会が開催されました。組合員をはじめ197名と、多数の皆様にご出席いただき、活気溢れる賀詞交歓会となりましたことを心より御礼申し上げます。
 はじめに、深田・県連代表理事より年頭の挨拶を述べられた後、九州運輸局福岡運輸支局長・坂本正弘様より一言ご挨拶を頂戴しました。また、衆議院議員・宮内秀樹様が急遽かけつけてくださり、ご挨拶を頂きました。続いて、㈱商工組合中央金庫福岡支店長・藤井和成様の乾杯のご発声により賑やかに 開宴しました。
 ヴァイオリン奏者・西尾麻衣子さん、フルート奏者・中西久美さん、ピアニスト・岡直美さんによる美しい三重奏で、会場は華やかな雰囲気に包まれました。
 最後に、古場・福運協代表理事より閉会の挨拶が述べられました。また、このたび国土交通大臣賞を受賞された、甘木合同運輸㈱渡邊社長からも一言ご挨拶をいただき、盛況の中閉会しました。

年末の交通安全県民運動

期間:令和元年12月11日(水)~12月31日(火)

飲酒運転の撲滅
 ●飲酒運転は犯罪です。「飲酒運転は、絶対しない、させない、許さない、そして、見逃さない」ことを徹底しましょう。
 ●飲酒運転を見かけたら、迷わず110番通報しましょう。
 ●車を運転することを知りながら酒を勧めること、飲んでいる人に車を貸すこと、飲酒運転の車に同乗することは犯罪です。お互いに注意し合いましょう。
 ●企業・店は飲酒運転撲滅宣言企業(店)に登録し、「ハンドルキーパー運動」を積極的に推進しましょう。

子供と高齢者の交通事故防止 ~横断歩道マナーアップの推進~
 ●横断歩道が近くにある場所では、横断歩道を渡りましょう。
 ●夕暮れ時や夜間に外出する際は、明るい服装や反射材用品を身につけましょう。
 ●運転者は、早めにライトを点灯し、ハイビームを効果的に活用しましょう。
 ●高齢運転者は、身体機能の変化に応じて、体調や天候、道路状況等を考えた安全運転に努めましょう。
 ●横断歩道マナーアップ運動を積極的に推進しましょう。

改正道路交通法

携帯電話使用等による「ながら運転」の厳罰化に関する周知(12月1日施行)

※保持・・・運転中の携帯電話での通話や、画面を注視する違反~携帯電話使用等(保持)」

※交通の危険・・・通話や注視により、交通の危険を生じさせる違反~「携帯電話使用等(交通の危険)」

※非反則行為・・・「交通の危険(交通事故など)」を生じさせた場合、反則金の納付により刑事責任を免れる交通反則通行制度の適用外となり、直ちに、刑事手続の対象となる。

文化講演会~立川生志独演会~ 開催

去る9月12日(木)、クレセントビル3階ホールにおいて、文化講演会「立川生志独演会」を開催いたしました。

生志師匠は、2年前の講演会にもご出演頂き、今回2度目のご登場。内閣改造などタイムリーな時事ネタ満載のまくらで会場を沸かせ、一席目は『権助提灯』を披露。会場は爆笑の渦に包まれました。中入りをはさみ、二席目は、随所に笑いどころがありながらも感動的な噺『紺屋高尾(こうやたかお)』を披露され、参加者から好評を博しました。

ページの先頭へ